カロリナダイヤモンドバックテラピン コンセントリック ベビー

在庫なし 49800

カロリナダイヤモンドバックテラピン コンセントリック

カロリナダイヤモンドバックテラピン(カロリナダイヤモンドガメ)

和名:カロリナキスイガメ

学名:Malaclemys terrapin centrata

生息地:アメリカ(サウスカロライナ州など)

寿命:20年以上

 

カロリナダイヤモンドバックテラピンのコンセントリックのアメリカCBベビーです。

2017年10月8日に5匹入荷しました。

説明が必要な方はお買い求めにならないであろうカメですが、念のため説明しておきます。

 

和名がキスイガメというだけあって汽水(海水と淡水が混じった水)に棲む珍しいカメです。

ですが、CB個体は淡水で飼育して問題ありません。飼育自体も簡単です。

オスが15cm、メスが24cmほどになる中型の水棲ガメです。

そもそもダイヤモンドバックテラピンの仲間はどれも非常に美しく優雅な泳ぎから鑑賞性の高いカメです。

頭部の白地に黒い模様が美しいまさにダイヤモンドなわけです。

その中でも亜種カロリナは甲羅自体の色が明るいことや甲羅の縁がオレンジに色づくことが多いとされ、色彩に富む素晴らしいカメです。

さらに、カロリナダイヤモンドバックテラピンの中でも通常の個体に比べ、甲羅の円のような幾何学的な模様がはっきり出ているタイプをコンセントリック(英語で同心円の意味)といいます。

このカロリナコンセントリックは甲羅の模様が成体になっても残りますので、ダイヤモンドバックテラピンのどの亜種よりも派手な成体に仕上がることでしょう。

 

ダイヤモンドバックテラピンはどの亜種も個体差が激しく、成長による変化も多くあります。

そういった楽しみを味わっていただくため、ベビーから育てることを強くおススメします。

キレイに育てるコツはしっかりした陸地を作ってバスキングライトをあてることです。紫外線ランプも使いましょう。夏場の屋外飼育も良いです。

エサはレプトミンなどの人工飼料を中心に与えてゆっくり育てるつもりで飼育するのが良いです。早く育てたいからと赤虫などをやりすぎると急成長して汚くなる可能性があります。ある程度大きくなってからの副食はコオロギ、ミルワームが良いでしょう。淡水のザリガニはダイヤモンドバックテラピンに真菌を持ち込むことが知られています。ザリガニは与えないように注意していください。

 

こんな素晴らしいカメですから、野生個体はあっという間に減って現在はサイテスⅡでCB個体しか入らなくなり、みるみる値段が上がっています。

来年飼おう、再来年飼おうなどと言っているうちに手の届かないカメになってしまう恐れがあります。

お早めにお求めください。

 

以上、非常に長くなってしまいましたが、良いカメであることに間違いはありません。

 

 

12月17日撮影個体①

 

12月17日撮影個体②

 

12月17日撮影個体③

 

在庫状況はリアルタイムには反映されませんので、お申し込み頂いた時点ですでに在庫切れの可能性もあります。ご了承ください。

この商品についてご購入・お問い合わせはこちら