サバクコノハズク

予約・取り寄せ ASK

サバクコノハズク

サバクコノハズク

英名:Pallid scops owl

学名:Otus brucei

分布:中~東アジア(トルコ、シリア、イラク、イラン、アフガニスタン、パキスタン、エジプト、インド、ウズベキスタン、トルクメニスタン、カザフスタンなど)

 

サバクコノハズクは小型のフクロウですが、過酷な環境に棲息していることから気温変化にも強く小型の中では飼いやすいフクロウと言えます。

サバクコノハズクもコノハズクの例にもれず昆虫食傾向にあり、野生では昆虫、トカゲ、蜘蛛、小型哺乳類を食べます。

飼育下ではヒヨコだけでも十分です。

夜行性が基本ですが、場合によっては日中にも狩りをすることが知られています。

 

サバクコノハズクは、連続した低くこもったような鳩に似た鳴き声をしています。

 

サバクコノハズクは4~6月の春に繁殖し、4~6個の卵を産みます。孵化日数は約27日で生後30日前後で飛び立ちます。

 

サバクコノハズクの雛の予約、承ります。

その他、フクロウや猛禽類の国内CB雛についてもご相談ください。

輸入ものなどの廉価生体の扱いはありませんので予めご了承ください。

在庫状況はリアルタイムには反映されませんので、お申し込み頂いた時点ですでに在庫切れの可能性もあります。ご了承ください。

この商品についてご購入・お問い合わせはこちら